目の病気とレーシックの関係は?

目の病気がある場合

レーシックは、手術による視力回復法である為、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。

 

手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。

 

その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。

 

・円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの場合

 

・角膜に疾患や異常がある場合

 

・白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合

 

上記のような目の病気がある場合には、目に傷をつけたことによって、以前からある病気が悪化する可能性もあるため、手術をうけることは出来ません。

 

詳しいことはお医者さんに相談してみましょう。

  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • AGA 静岡

  •  
    HOME レーシックのメリット レーシックのデメリット 目の病気がある場合 合併症について ドライアイにご注意を